2010年06月02日

10万頭を殺処分、ワクチン完了…宮崎副知事(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、河野俊嗣副知事は29日、発生農場で行っている殺処分の1日当たりの頭数が、これまでの3000〜4000頭から8000頭に増え、対象の約15万5000頭のうち、10万頭の処分が終わったことを明らかにした。

 視察などで県庁を訪れた社民党の又市征治副党首に説明した。ワクチン接種がほぼ終了し、殺処分に人員を集中できるようになったためという。

 一方、県は29日、経過観察中の主力級種牛5頭について、28日採取の検体は、ウイルス検査で陰性だったと発表した。

<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
伊東美咲が妊娠6ヶ月を報告 心身ともに安定
鳩山邦夫氏の長男らを公認 新党改革(産経新聞)
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
[新製品]OKINET、小規模からテレビ会議を構築できるパック「VOCS-Lite」発売
posted by ワカバヤシ カオル at 09:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。