2010年03月02日

プラネックスコミュニケーションズ

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、ネットワーク機器の開発・販売を行う。PC周辺機器、PCパーツの販売や、携帯電話のデータ処理ソフトの開発も行っている。 本社は東京都渋谷区に所在する。沿革1995年7月 - プラネットジャパン株式会社を設立。1996年7月 - プラネックスコミュニケーションズ株式会社に社名変更。2001年7月 - 株式を店頭公開(現在のジャスダック証券取引所)。2005年7月 - 現在地に本社移転。2009年10月 - 持株会社化移行により、プラネックスホールディング株式会社[1]に社名変更。これに伴い同社はホールディング会社の傘下[2]に置かれた。グループ企業プラネックスコミュニケーションズ株式会社プラネックスフォースシステムズ株式会社(旧アメリカンメガトレンド株式会社)プラネックスバイオ株式会社(ヘルスケア事業、健康食品の販売等)株式会社MJ(外国為替証拠金取引業)海外拠点Planex Communications USA Inc. (アメリカ)PLANEX COMMUNICATIONS INC. (台湾)著作権法違反2008年11月11日に、プラネックスコミュニケーションズはプレイステーション3のコントローラーSIXAXISを自社製Bluetoothドングル経由で無線利用出来るユーティリティを公開した[3]。しかし、本ユーティリティの内部にプラネックス社製でないソフトウェアが複数組み込まれており、そのいくつかはライセンスに違反している。組み込まれたソフトウェアの中で例を上げると FreeBT[4]は独自ライセンスでライセンス文書の添付を義務付けているがその添付が無い。LibUSB-win32[5]はLGPLでライセンスされているが、本ユーティリティはリバースエンジニアリングを禁止している(LGPLへリンクしたアプリケーションはリバースエンジニアリングを禁止出来ない)。といったライセンス違反がなされている。ライセンスは著作者の許諾権による使用条件の定義であり、これに違反する事は著作権法違反の違法行為となっている。2008年11月27日に、本件に関しての修正がされたバージョンが公開された。脚注^ プラネックスホールディング株式会社^ グループ体制図^ http://www.planex.co.jp/product/bluetooth/si

遺棄容疑で男を逮捕=井戸の元社長遺体事件−鹿児島県警など(時事通信)
長崎知事選敗北、小沢氏謝罪「迷惑をかけた」(読売新聞)
衆院予算委、自民抜きで進行(産経新聞)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)
大阪・梅田で停電、エレベーターの客ら一時閉じこめ(読売新聞)
posted by ワカバヤシ カオル at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。